肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじめに

このサイトの基本コンセプト:

       = 環境保護のために実践できること =
----------------------------------------------------------
資源の無駄遣い → 改善しようとする → 環境にとっては最善 (でも難しい)
----------------------------------------------------------
電気つけっぱなし →   節電する   →  電気は使わない
水流しっぱなし   →   節水する   →  水は使わない
毎日肉を食べてる  → 肉食を減らす →   肉を食べない
----------------------------------------------------------


共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/01(金) 04:38:38|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牛肉110グラムの生産に必要な熱帯雨林の広さは1.5坪

http://www.yesworld.org/info/facts.pdf より抜粋訳

== 人種差別と汚染物質 ==
・アフリカ系及びラテン系アメリカ人の5人のうち3人が汚染地域に住んでいる。

== リサイクル ==
・1トンのゴミを処理するのにかかる費用
 焼却処理: $100
 埋め立て処理: $90
 リサイクル: $40
・12オンス(336ml)のアルミ缶1個を処理すると、6オンス(168ml)のガソリンが節約できる。
・空き缶のリサイクル率はたったの5%。

== プラスティック ==
・世界で、毎年4万5千トン以上のプラスティックごみが海に捨てられている。これにより100万羽の海鳥と10万頭の海洋哺乳類が死んでいる。

== 消費社会 ==
・米国で、広告業界が費やす金額は、毎年国民一人当たりにして500ドル。
・米国とカナダを合わせた人口は世界人口の5%だが、世界中の資源の3分の1を消費している。

== 粉ミルク ==
・発展途上国の母親が、母乳のみで子供を育てたならば、乳児死亡率は95%低くなったはずだった。
・そのことから、ネスルなどの粉ミルク会社は何百万人もの乳児の死に責任がある。
・それらの粉ミルク会社は、無料の粉ミルクサンプルを、貧民街の病院などに寄付している。

== 世界飢餓 ==
・毎日4万人の子供が餓死している。
・米国だけで、毎日、世界の全人口が2斤のパンを食べられるだけの小麦を生産している。
・米国の家畜に与えられる穀物と大豆の量は、米国民が食べる量の5倍である。
・米国民が食肉の消費を10%控えたら、餓死をなくせるだけの穀物があまることになる。

== 肉食 ==
・1パウンドの肉を作るのに必要な水は2500ガロン
・米国内の森林の2億6千万エーカーは、家畜農業のために切り倒された。国民一人あたりに換算すると、1エーカー(1224坪)以上になる。
・1/4パウンド(110グラム)の牛肉を育てるのに必要な熱帯雨林の広さは55平方フィート(1.5坪)

続きはまだまだあるよ。。。疲れたので、続きはまた、後ほど訳します。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/06/30(木) 16:39:48|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイオキシン汚染経路の95%は食肉と乳製品の消費による

earthsave.org
にある資料の抜粋訳:


== 土地利用と土壌浸食 ==

・世界中の農業用地の半分は家畜の生産に使われている。
・米国西部の放牧地の85%は、過剰放牧によって土壌の質が落ちている。(日本・世界ではどうなのだろうか?)
・過剰放牧は砂漠化の主な原因である。
・米国の農作地の65%は家畜飼料の生産に使われている。(日本・世界ではどうなのだろうか?)
・米国の農作地の2%は果物と野菜の生産に使われている。(日本・世界ではどうなのだろうか?)
・1エーカー当たりの生産量:
 トマト 50,000パウンド
 ジャガイモ 40,000パウンド
 にんじん 30,000パウンド
 りんご 20,000パウンド
 牛肉 250パウンド
 (1パウンド=0.45kg)


== 水の消費 ==

・1パウンドの生産に必要な水の量:
 トマト 23ガロン
 ジャガイモ 24ガロン
 にんじん 33ガロン
 りんご 49ガロン
 牛肉 2500ガロン
 (1ガロン=3.8リットル)


== 絶滅危惧種 ==

・毎年100種以上の動物が、絶滅危惧種に登録されている。
・絶滅危惧種の19%から22%が家畜放牧の被害にあっている。


== 熱帯雨林の消滅 ==

・毎年5百万エーカーの中南米の熱帯雨林が家畜牧場に換えられている。(もともと中南米にあった熱帯雨林の広さは?)
・中米の熱帯雨林消滅の最大の原因は家畜牧場である。
・パナマとコスタリカで伐採された森林の70%は牧場になっている。


== 汚染==

・米国において、家畜から出る糞尿の量は、人間から出る量の10倍である。(日本・世界ではどうだろうか?)
・米国において、河川汚染の最大の原因は工場式畜産場である。(日本・世界ではどうだろうか?)
・ロスアンゼルスのファストスードレストランから出る煤煙の量は、全ての市バスからでる煙の量より多い。


== 農薬と食物汚染 ==

・ダイオキシン汚染経路の95%は食肉と乳製品の消費による。
・肉食をする母親の99%は、母乳に含まれるDDT値が危険なレベルである。
・ベジタリアンの母親の場合は8%である。


== 資源 ==

・畜産に使われている資源の量:
 世界の魚類捕獲量の33%
 世界の穀物生産量の38%
 米国の水使用量の50%
 ブラジルの穀物生産量の60%
 米国の穀物生産量の70%
 米国のとうもろこし生産量の80%
・家畜の14%は、たんぱく質源として家畜の飼料になっている。
・米国全体の抗生物質の50%は家畜に使われている。家畜に使われる抗生物質の80%は成長促進に使われている。
・12から16パウンドの穀物と大豆が、1パウンドの牛肉の生産に使われる。

== 飢餓 ==

・全ての人が菜食主義者になれば、現在の農業地で100億人の食料がまかなえる。

共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/06/30(木) 04:54:27|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉食再考委員会の発足にあたって

 さまざまな人間の活動の中で、環境破壊の原因になるものは幾多にも及びますが、肉食が環境破壊に大きく貢献しているということをご存知ですか?

 ここでは、肉食を減らすことによって期待できる環境保護への効果について話し合っていきたいと思います。

 肉食と環境の関係については、日本ではまだ認知度が低いこともあって、資料の殆どは米国のデータに基づいたものになっています。今後は日本での畜産のデータをもとに、肉食の環境への影響再計算をしていきたいです。

 肉食をきっぱり断ってしまうのには抵抗がある人でも、節電・節水をするように、「節肉」といった感覚で肉食を減らすことはできます。

 このテーマでウェブサイトを立ち上げる予定です。このブログは、サイト立ち上げの進捗状況の報告と、皆さんからの対話の場として設けました。

 皆さんのご意見や情報をお待ちしています。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/06/29(水) 17:20:46|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 前のページ



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。