肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お肉って、人の命を奪って作られる、贅沢品なんですね。

米国で生産されるとうもろこしの80%は家畜の肥料にまわされる
米国で生産されるオーツ麦の95%は家畜の肥料にまわされる

今年餓死すると見込まれる人数: 6千万人
米国の肉の消費量を10%減らし、余った穀物で食べていける人数: 6千万人

http://www.earthsave.org/environment.htm より

牛肉を1kg生産するのに必要な穀類の量は16kgです。
世界中で生産されている穀物の量は、世界の全人口が飢えずに食べていけるだけの量なんです。
でも、毎日毎日、4万人の子供が飢えで死んでいる。

ハンバーガーを1個食べるたびに、20人分の飢えてる子供の食糧をうばっていることになる、という計算もあります。

お肉って、動物だけでなく、人の命も奪って作られる、贅沢品なんですね。


共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/04(月) 09:25:40|
  2. 肉食と食糧問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 前のページ



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。