肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

牛肉110グラムの生産に必要な熱帯雨林の広さは1.5坪

http://www.yesworld.org/info/facts.pdf より抜粋訳

== 人種差別と汚染物質 ==
・アフリカ系及びラテン系アメリカ人の5人のうち3人が汚染地域に住んでいる。

== リサイクル ==
・1トンのゴミを処理するのにかかる費用
 焼却処理: $100
 埋め立て処理: $90
 リサイクル: $40
・12オンス(336ml)のアルミ缶1個を処理すると、6オンス(168ml)のガソリンが節約できる。
・空き缶のリサイクル率はたったの5%。

== プラスティック ==
・世界で、毎年4万5千トン以上のプラスティックごみが海に捨てられている。これにより100万羽の海鳥と10万頭の海洋哺乳類が死んでいる。

== 消費社会 ==
・米国で、広告業界が費やす金額は、毎年国民一人当たりにして500ドル。
・米国とカナダを合わせた人口は世界人口の5%だが、世界中の資源の3分の1を消費している。

== 粉ミルク ==
・発展途上国の母親が、母乳のみで子供を育てたならば、乳児死亡率は95%低くなったはずだった。
・そのことから、ネスルなどの粉ミルク会社は何百万人もの乳児の死に責任がある。
・それらの粉ミルク会社は、無料の粉ミルクサンプルを、貧民街の病院などに寄付している。

== 世界飢餓 ==
・毎日4万人の子供が餓死している。
・米国だけで、毎日、世界の全人口が2斤のパンを食べられるだけの小麦を生産している。
・米国の家畜に与えられる穀物と大豆の量は、米国民が食べる量の5倍である。
・米国民が食肉の消費を10%控えたら、餓死をなくせるだけの穀物があまることになる。

== 肉食 ==
・1パウンドの肉を作るのに必要な水は2500ガロン
・米国内の森林の2億6千万エーカーは、家畜農業のために切り倒された。国民一人あたりに換算すると、1エーカー(1224坪)以上になる。
・1/4パウンド(110グラム)の牛肉を育てるのに必要な熱帯雨林の広さは55平方フィート(1.5坪)

続きはまだまだあるよ。。。疲れたので、続きはまた、後ほど訳します。
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/06/30(木) 16:39:48|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インドで食べるベジタリアンカレーがおいしい訳は、、 | ホーム | お肉が好きな人の為のお肉の味っぽいお肉じゃない料理ってある?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/6-6edfcce1



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。