肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

工場畜産(Factory farming)とは?  - その1 -

世界的にみて、牛肉の43%、豚肉と鶏肉の半分以上は、工場畜産によって生産されています。
(http://www.worldwatch.org/pubs/goodstuff/meat/ より)

この工場畜産とは一体どういう産業形態をさすのでしょうか。
工場畜産の定義は、地方自治体によって異なりますが、いくつかの共通点があります。

1.封鎖状態 - スペースを節約し、管理体制と給餌作業を改善するために、檻の中に動物を詰め込む。極端になると、動物は他の個体と触れ合わずには動けなくなり、その結果、動物同士が戦ったり共食いをしたりする事態が増加する。

2.薬品投与 - 抗生物質、ビタミン剤、ホルモン剤、その他の薬品が、伝染病を防ぐために使用される。(狭いスペースに多くの動物が詰め込まれているので、衛生状態が悪くなり、また怪我も増えるので、大量の薬品が必要になる。)

3.加工飼料 - たんぱく質を強化された飼料などを与える。

4.多数の動物 - 管理を効果的にするために、多数の動物を同じ場所で一括管理する。
(http://en.wikipedia.org/wiki/Factory_farming より)

これから数回にわたって、工場畜産について書きたいと思っています。
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/09/04(日) 03:33:07|
  2. 工場家畜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<工場畜産(Factory farming)とは?  - その2 - | ホーム | 肉食が水の枯渇に拍車をかけている>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/41-8b59d1a7



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。