肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

肉食の思想―ヨーロッパ精神の再発見

肉食の思想―ヨーロッパ精神の再発見
鯖田 豊之 (著)

西欧の文化について説明している書物はすべて、
西洋人によって西欧人の観点から書かれている。

この事実に不満をもった著者は、西洋と日本の食文化の違いに着目し、
日本人の視点から西洋の文化を考察する。

世界中に西洋的価値観を押し付け、他国を支配している西洋的精神の矛盾点を、
日本的な価値観を意識的に用いて批判している。

今も昔も、日本的な価値観を持って他国の批判するのは、右翼か保守派ばかりだが、
40年以上も前に書かれたこの本の著者は、とてもリベラルな姿勢を保っている。


スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/08/01(月) 09:42:01|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熱帯雨林の経済的価値 | ホーム | Diet for a Small Planet: 20th Anniversary Edition >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/38-e0a493de



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。