肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魚と家畜

全世界の海洋魚類収穫量の37%は飼料になっている。
遠洋漁業の捕獲量だけでみると54%以上が飼料になっている。
FAOSTAT 2002 より

海洋生態問題の主要な原因は漁業乱獲です。
要するに、魚を捕り過ぎているのです。

日本人が魚をたくさん食べているというのは、世界に知れ渡っていて、
環境問題に関心のある外国人からは、
日本人は、シーキラー(sea killer, 海を殺す民)と呼ばれています。

本当に日本人はシーキラーなのかどうか、統計を見てみると、
日本の魚類消費量は、中国に次いで2位でした。
国民一人当たりの消費は、日本が中国の2倍です。

日本の魚類消費量の内訳を見てみると、
遠洋漁猟消費の6割近くが飼料になっています。

海洋生態問題はどれくらい深刻なのでしょうか。

FAOによると、全世界の魚種資源の62%は、
緊急に管理されるべき問題に直面しています。

収穫される魚類の種類は、毎年、エコシステムの下方になってきています。
マグロやタラなどの大型の魚類は乱獲により数が減少し、
より小さな魚の捕獲に移行しているわけです。
Environmental Reivew July 1998 World Watch より

増え続ける人口の蛋白源として魚類は重要ですが、
海洋魚類収穫量の37%を家畜の飼料にしているのは、
非常に効率の悪い蛋白源利用ではないでしょうか。
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/19(火) 05:01:56|
  2. 肉食と食糧問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<肉食を減らす、ロハスな食生活 | ホーム | お金は食べられない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/29-a2ceeb9b



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。