肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お金は食べられない

「世界全人口を養うのに充分な量の食糧が生産されているが、
不公平な分配のために飢餓がある。」という指摘に対して、
「食糧の余剰ができても、飢えている国に輸入資金が無ければ分配されない」
というご指摘をいただきました。

しかし、資金があっても、輸入する食糧がなければ、食べることはできません。

これは、食糧難の国だけではなく、日本にも当てはまりそうです。

世界の穀物生産の半分の量は、米国、中国、インドに集中しています。
生産効率は毎年上がっていますが、天候の変化などにより、
収穫量は毎年不安定です。穀物の供給を特定の国に集中するのは
将来起こりうる食糧難の点から好ましくありません。

日本は言わずと知れた食糧輸入過剰国です。
わが国にはお金はたくさんありますが、食糧自体がなければ、食糧難に陥ります。
アフリカで農作物を自給自足できるように援助することは大切です。
日本は自国の自給自足を促進することも忘れてはなりません。

穀物生産量が過剰というのは、直接に人間のみに供給された場合の計算で、
実際は、穀物生産量の3分の1は家畜の飼料に当てられています。
この現状は、将来起こりうる食糧難の原因として、数年前から
WorldwatchでもUNFAOでも指摘されています。

また、家畜生産は、森林破壊、砂漠化、土壌浸食、水質汚染、水不足問題に
直接影響しています。これらは更なる食糧危機を招きます。

肉食が増加の一方をたどる日本の食生活は、
もう一度、見直されるべきではないでしょうか。
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/16(土) 06:41:43|
  2. 肉食と食糧問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魚と家畜 | ホーム | 肉食が地球を滅ぼす>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/28-684d9881



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。