肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家畜の糞尿 日本の状況 -第3回-

①野積み・素堀りを解消し家畜排せつ物の管理(処理や保管)の適正化を図ること
②家畜排せつ物のたい肥化とその一層の利用率向上を図ること
を目的に、家畜排せつ物法が16年11月1日から施行されました。

家畜排せつ物法の主な内容は、
家畜排泄物を不浸透性材料で構築された管理施設で管理すること
です。
管理施設には、交付金、公庫融資、税制優遇が適用されます。


家畜排せつ物法の適用外は、

牛10頭未満
豚100頭未満
鶏2000羽未満
馬10頭未満

の農家です。

適用外の農家は、全国の畜産農家の54%(!)になります。
適用外の農家は、家畜排泄物を垂れ流しにしても、法的に問題はない、ということですね。

牛1頭あたり、年間
乳牛:25.3トン
肉牛:15.1トン
の排泄物がでるのですが。。。


データは農林水産省 http://www.maff.go.jp/chikukan/1.basis.html より

スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/13(水) 17:02:38|
  2. 肉食と環境汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<肉食が地球を滅ぼす | ホーム | 家畜の糞尿 日本の状況 -第2回->>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/26-d9d6322f



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。