肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家畜の糞尿 日本の状況 -第2回-

日本で発生する年間8900万トンの家畜排泄物は、
どこへいくのでしょうか?

1割が野積み・素掘りなど不適切な処理、
8割が農地・草地還元、
残りが高度利用、
となっています。

堆肥化されている糞尿が3割、
堆肥化されない生糞尿は6割、
残りの1割は浄化などですが、
堆肥化せずに、生糞尿のまま、「農地・草地還元」するということは、
単なる「垂れ流し」ではないのでしょうか?

堆肥化していない生糞尿は、肥料ではなく、汚染物質です。
汚染物質が撒かれると、水路に流れ落ちて、水路の水質汚染、
地下に浸透して、地下水の水質汚染につながる、
とアメリカの環境学のクラスで教えられたのですが、
日本では違うんでしょうか?
誰かご存知でしたら教えてください。



処理利用



データと図: 農林水産省 http://www.maff.go.jp/chikukan/1.manure.html より


次の回では、16年11月1日に施行された、家畜排せつ物法について書きます。
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/13(水) 09:15:43|
  2. 肉食と環境汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<家畜の糞尿 日本の状況 -第3回- | ホーム | 家畜の糞尿 日本の状況 -第1回->>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/25-e8466c7d



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。