肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家畜の糞尿 日本の状況 -第1回-

日本の家畜排泄物は年間、8900万トン [1]

日本の家畜の数
乳牛:1,101千頭
肉牛:1,705千頭 [2]

牛1頭あたりの年間排泄物発生量
乳牛:25.3トン
肉牛:15.1トン


すごい量ですね!
この量の排泄物が、どのように扱われているかを、
次回から斬っていきます。


家畜排せつ物の量


[1] 農林水産省 http://www.maff.go.jp/chikukan/1.manure.html
[2] 農林水産省統計 http://www.tdb.maff.go.jp/toukei/a02stoukeiexl?Fname=F009-15-244.xls&PAGE=2&TokID=F009&TokKbn=B&TokID1=F009B2003-004&TokID2=F009B2003-004-005
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/12(火) 17:12:29|
  2. 肉食と環境汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<家畜の糞尿 日本の状況 -第2回- | ホーム | 家畜の糞尿>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/24-24dff691



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。