肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中米の熱帯雨林破壊の第一の原因は放牧

1960年から現在にかけて、
中米の熱帯雨林の25%は、
家畜の放牧のために切り倒されました。

ハンバーガー一個分の牛肉は、中米の熱帯雨林を5平方メートル切り倒したことと同じになります。

All About Animals (http://www.allaboutanimals.org.uk/ST-Stage4-Geography3.asp) より

放牧のために森林を開くと、
表面の土が風に飛ばされ、雨に流される。
表面の土がなくなると、不毛の地になる。
表面の土がなくなると、雨水が地中に吸収されなくなる。
そして、洪水・気候の変化・動植物の絶滅・砂漠化・飢餓、全てにつながるのです。

スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/04(月) 09:01:22|
  2. 肉食と森林破壊
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<お肉って、人の命を奪って作られる、贅沢品なんですね。 | ホーム | 効率の良い環境保護の方法を探して>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/13-253f3b27

日本では ロハス層は3割ほど?

5月30日の日経MJ紙に「ロハス層 日本では3割弱」という記事がでていた。環境コンサルティングのイースクエアが、アンケート結果をもとに 消費者を以下4分類したそうだ。●LOHAS(ロハス)層(29.3%): 健康と環境に関心が高く、実際の行動に移す。 社会的課
  1. 2005/07/19(火) 22:11:32 |
  2. ¿???Υ?????



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。