肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

牛肉は大きな水の無駄遣い

牛肉100g(ハンバーグ1個分)を生産するのに必要な水の量は
2,000リットル[1]

水2,000リットルとは、湯船10杯分、
東京都の4人家族世帯の平均水道使用量の2.2日分[2]です。

お風呂や歯磨きの時、節水を心がけていますが、
牛肉100g食べないだけで、4人家族世帯の2日以上分の節水ができてしまうなんて、
驚きの数字です。

ちなみに、米国全体で消費される水の半分は、家畜の生産に使われています。[3]

他の食物との比較をみてみましょう。
100g生産するのに必要な水の量:
トマト 19リットル
ジャガイモ 20リットル
小麦 21リットル
にんじん 27.4リットル
りんご 40リットル[4]



[1][3] [4]EarthSave http://www.earthsave.org/environment.htm
[2] 東京都水道局 http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/life/g_jouzu.htm


スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/04(月) 02:50:32|
  2. 肉食と水資源
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<効率の良い環境保護の方法を探して | ホーム | 今日の晩ご飯を肉抜きにしたら。。。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanesefood.blog14.fc2.com/tb.php/10-258b3df6



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。