肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

口てい疫、BSE、鳥・豚インフルエンザ、、、行き過ぎた産業家畜の行き詰まり

日本の畜産農家一世帯で飼育されている家畜の平均数は、
豚が数千頭、鶏は4万匹だそうです。

そんなたくさんの数の家畜を一箇所に固めて飼育していたら、
伝染病がないほうがおかしいです。

今の日本に住んでいて、肉を食べなくても十分生きていけるのだから、
もうそろそろ、本当の豊かさとして、肉を食べないチョイスをしてもいいのでは。。。

日本の消費者の対応jを見ていると、なにもそこまでして、
肉食に固執しなくても、、、と思わされます。
肉を食べる必要があると思い込まされている人がほとんどのようです。
「need」(必要)と「greed」(強欲)の区別がわからなくなっているようです。

口てい疫、BSE、鳥・豚インフルエンザ、、、
と毎年いろんな病気がでてきますが、これらは、
行き過ぎた産業家畜に対する自然からの警鐘ではないでしょうか?
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2010/05/26(水) 22:54:42|
  2. 工場家畜
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。