肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インドで食べるベジタリアンカレーがおいしい訳は、、

インドでレストランを出ると、さっき食べたカレーに使われていたであろう
豆のさやが、店先に捨ててあったりします。

インドで食べたカレーは、アメリカで食べていたインドカレーよりも
数段おいしかった。何が違うのか考えてみると、使っている野菜が違う。
カレーに使われている野菜が、新鮮なのだ。

日本やアメリカで流通している食品のほとんどは、
冷凍や冷蔵、袋詰や缶詰、長距離輸送といった過程を経て消費者に届けられる。
これらの過程に必要な資源の量を考えてみて下さい。

冷凍、冷蔵する電力。(家庭で一番電力消費多いのは冷蔵庫)
冷凍庫や冷蔵庫を製造し、配送するために使われる資源。

袋詰や缶詰に使われるプラスティックや金属の量。
詰める過程で工場などで使われるエネルギー。

輸送に使われるガソリンの量。トラックの生産に使われる資源。
交通網を整備、維持する為の土地と資源。

日本やアメリカは、このような流通インフラが整備されているから、
世界中の食品が手に入りやすくなっている。

でも、食品が生産地から消費者の口に届くまでに使われる
エネルギーや資源の量を考えてみて下さい。

そして、エネルギーを大量消費しながら流通網を通してやってきた野菜と、
自家農園で育った野菜の味の違いにも気付いて下さい。
新鮮な野菜はおいしくて、環境にもいいんですね。

インドでは、殆どの家庭やレストランには、冷凍庫はおろか、冷蔵庫などという
高級品はありません。巨大な冷凍庫が置いてあるスーパーマーケットも、
巨大な冷蔵トラックも見かけることはありません。
道路には、牛、ロパ、らくだ、水牛、やぎ、人間、リヤカー、自転車、リキシャ、車、
とあらゆるものがひしめき合っていて、生鮮食品の短期長距離輸送には
全く向いていません。

だから、インドの野菜カレーは新鮮でおいしかったのでしょう。

スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/06/30(木) 16:45:59|
  2. インドカレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ >>



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。