肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

口てい疫、BSE、鳥・豚インフルエンザ、、、行き過ぎた産業家畜の行き詰まり

日本の畜産農家一世帯で飼育されている家畜の平均数は、
豚が数千頭、鶏は4万匹だそうです。

そんなたくさんの数の家畜を一箇所に固めて飼育していたら、
伝染病がないほうがおかしいです。

今の日本に住んでいて、肉を食べなくても十分生きていけるのだから、
もうそろそろ、本当の豊かさとして、肉を食べないチョイスをしてもいいのでは。。。

日本の消費者の対応jを見ていると、なにもそこまでして、
肉食に固執しなくても、、、と思わされます。
肉を食べる必要があると思い込まされている人がほとんどのようです。
「need」(必要)と「greed」(強欲)の区別がわからなくなっているようです。

口てい疫、BSE、鳥・豚インフルエンザ、、、
と毎年いろんな病気がでてきますが、これらは、
行き過ぎた産業家畜に対する自然からの警鐘ではないでしょうか?
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2010/05/26(水) 22:54:42|
  2. 工場家畜
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

工場畜産(Factory farming)とは?  - その3 -

今回も、http://www.worldwatch.org/pubs/goodstuff/meat/からの抜粋の続きです。

成功例:
*動物、人間、環境にやさしい持続的農法は1560億ドル市場に成長した。
*市民団体は工場家畜の反対運動を起こし、変化を起こしている。ウインスコンシン州マニトウォック郡では5000頭規模の飼育舎が住宅街に立てられる計画が阻止された。カナダのサスカチェワンの住民は6つの養豚場の建設を阻止。オレゴン州のクラマス郡では11000頭規模の養豚場の建設を阻止した。
gestation

*豚が体を動かせないほど狭く作られている工場農業用檻(写真参照)は、イギリスとスウェーデンで使用禁止になった。EUでも2013年に禁止になる予定。
*多くの人がベジタリアンに転向した。ヨーロッパでは1億5000万人がベジタリアンになった。

あなたに出来る簡単なこと:
*持続可能な農業をしている地域の農家を知る。
*工業家畜でない肉を地域の食料品店や農家から買うようにする。(「安い」工場家畜肉は、環境や健康のコストを考えると、反対に高くつきます。)
*必要であれば、食肉の消費を減らす。
「ファストフードが世界を食い尽くす」を読んで、工業家畜についての知識を得る。

共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/09/06(火) 09:31:52|
  2. 工場家畜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工場畜産(Factory farming)とは?  - その2 -

このサイトの参考資料としてたびたび使用しているWorldwatch Instituteのサイトから、
食肉購買行動の参考になるよう作成されたページを紹介します。

 食肉生産は1950年から500%増加しました。今日、殆どの動物たちは、産業的「工場農家」で育てられています。
 持続可能な家族経営農家に取って代わった産業農家では、数千頭の動物が、不衛生な環境に押し込まれて、一生を日光や牧草地のない屋内で過ごします。
 このような環境では病気にかかりやすいため、抗生物質が飼料に加えられ、結果として、世界中で抗生物質に抵抗力のあるバクテリアが増殖しています。
 工場農家から大量の糞尿が河川に流れ出し、空気、水を汚染し、人間の健康を脅かしています。

 巨大工場農家は、地域住民の反対活動によって、発展途上国に移転させられました。発展途上国では環境基準法が未整備だからです。
 その結果として、農場から販売店舗までの輸送時間が長くなりました。賞味期限を延長させるために、食用肉に危険な「放射線殺菌」が施されます

知っていますか?

*世界の食肉消費は、2015年までは年間2%ずつ伸びると予想されます。
特に発展途上国では、肉を食べるということは、富と繁栄の象徴として見られているからです。
世界の豚肉の半分は中国によって消費されています。
牛肉消費1位は米国、2位はブラジル。

*牛肉の43%、豚肉と鶏肉の半分以上は、工場畜産によって生産されています。

*飼育場で育てられた動物はオメガ6脂肪酸(コレステロール)を蓄積しています。オメガ6脂肪酸はガン、糖尿病、肥満、免疫傷害と関連しています。

*地球温暖効果がきわめて高いメタンガスの年間発生量の16%は、家畜から発せられている。

*1995年に米国で、2500ガロンの豚の糞尿が河川に流出し、1000万匹の魚が殺された。

*米国では、成長促進と不衛生な閉鎖環境の埋め合わせの為に、70%の抗生物質が豚、鶏、牛に与えられていると見積もられている。
家畜は人間の8倍の抗生物質を摂取している

*同じ栄養量でも、肉が多く含まれている米国の食事は、ベジタリアンの食事よりも2倍の水を必要とする。輸入材料の多い肉食の食事は、国産のベジタリアン食よりも、9倍の二酸化炭素を排出する。

*穀物飼料によって育てられた動物の肉が入っている食事は、ベジタリアンの食事よりも、2倍から4倍の土地が必要。

*2002年の調査によると、スーパーで売られている鶏肉の37%に、抗生物質に抵抗力がある病原体が発見された

*1986に初めて報告されてから、BSE(狂牛病)は33カ国から発見され、世界中で139人の死亡が発生していると見られる。


共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/09/05(月) 12:18:42|
  2. 工場家畜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工場畜産(Factory farming)とは?  - その1 -

世界的にみて、牛肉の43%、豚肉と鶏肉の半分以上は、工場畜産によって生産されています。
(http://www.worldwatch.org/pubs/goodstuff/meat/ より)

この工場畜産とは一体どういう産業形態をさすのでしょうか。
工場畜産の定義は、地方自治体によって異なりますが、いくつかの共通点があります。

1.封鎖状態 - スペースを節約し、管理体制と給餌作業を改善するために、檻の中に動物を詰め込む。極端になると、動物は他の個体と触れ合わずには動けなくなり、その結果、動物同士が戦ったり共食いをしたりする事態が増加する。

2.薬品投与 - 抗生物質、ビタミン剤、ホルモン剤、その他の薬品が、伝染病を防ぐために使用される。(狭いスペースに多くの動物が詰め込まれているので、衛生状態が悪くなり、また怪我も増えるので、大量の薬品が必要になる。)

3.加工飼料 - たんぱく質を強化された飼料などを与える。

4.多数の動物 - 管理を効果的にするために、多数の動物を同じ場所で一括管理する。
(http://en.wikipedia.org/wiki/Factory_farming より)

これから数回にわたって、工場畜産について書きたいと思っています。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/09/04(日) 03:33:07|
  2. 工場家畜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。