肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南インド・ピュアベジ・レストラン

今日は私の大好きな南インド料理を紹介します。

サンフランシスコやLAにはインド系移民がたくさんいるので、インド料理店もたくさんあります。
インド料理店の半数以上はベジレストランです。ベジレストランとは、肉や卵を一切扱わない(乳製品は使われます)レストランです。インド人の大多数を占める菜食主義者は、肉を扱うレストランで出されるベジタリアンメニューを嫌がったり、肉食している人と同席するのを嫌がったりするので、レストランもベジとノンベジがしっかり分けられています。

dosa
定番中の定番、マサラドーサ。パリッ、モチッのクレープような生地に包まれているのは、ホクホクのカレー味のジャガイモ。付いて来るソースがまたおいしい!

curry


talhi

スペシャル・ターリー $9という値段はインドでは一回の食事の値段としては考えられない値段だけど、アメリカで食べるならその価値は充分ある!っていうくらい、ゴージャスなターリーです。

日本でカレーというと「ビーフカレー」で、インド料理屋というと「タンドリチキン」といった具合で、ベジタリアンカレー専門店なんて、飽食の国・日本といえどもなかなか無いですよね。
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/09/09(金) 11:07:37|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

工場畜産(Factory farming)とは?  - その4 -

牧草飼育穀物飼料飼育の違い

牧草飼育とは: 放牧地に放ち、牧草を食べさせる飼育法。
牧草飼育の肉の特徴: 赤身肉、青臭い

穀物飼料飼育とは: 工場農業の飼育方法。家畜屋に入れて、フィードロット(*)で育てる。
穀物飼料飼育の肉の特徴: 脂身が多く、やわらかい

(*)フィードロットとは:
穀物によって素牛(フィーダーキャトル)を大量に肥育する大型生産農場の事であり、
その肥育数は数万~数十万頭の規模になります。
フィーダーキャトルを数十頭~数百頭単位でペンと呼ばれる仕切りの中に入れ
4~8ヶ月穀物を与えて、生体重量が1,150ポンド~1,250ポンド(約550kg前後)に
なるまで育てた成体牛をパッカー(食肉屠畜、加工、販売業者)に販売します。
大きなフィードロットは数十~数百のペンをもっており、ペン毎の導入、肥育、出荷を行っています。
吉野家のホームページ: http://www.yoshinoya-dc.com/about/food/beef/safety1.html より


オーストラリアでは、家畜牛の飼育はもともと牧草飼育ですが、
日本への輸出向けに飼育する牛は、日本人の好みに合わせて飼料飼育に切り替えています。

日本に輸入されるオーストラリア肉が、日本人の好みに合わすために
穀物飼料飼育をされていることを確認するために、
「日本人好み、飼料飼育、オーストラリア」などで検索サーチしてみて下さい。
たくさんの食肉小売店、外食店のサイトが出てきます。

食用肉を大量に輸入する日本人の好みが、工場農業式の穀物飼料飼育を世界に増やしているのですね。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/09/06(火) 19:44:34|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

肉食を減らす、ロハスな食生活

最近よく耳にする、ロハス(Lifestyles Of Health And Sustainability)とは、日本語に訳すと「健康で持続可能なライフスタイル」。
「肉食再考委員会」のコンセプトとぴったり合致します。

「肉食再考委員会」では、私達が毎日のように食べている
食肉について、環境と健康の面から見直していこう、
というコンセプトですすめています。

「環境と健康のために肉食を減らす」というアイディアは、
金銭的豊かさばかり追いかけてきた日本人には、
奇抜すぎる考えだと思われがちですが、
固定観念から抜け出して考えれば、
とても実行しやすく、効果の期待できる
ライフスタイルです。

共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/19(火) 13:33:37|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0

効率の良い環境保護の方法を探して

小さな頃、梱包材のプチプチをプチプチさせたら、
プチプチからきれいな空気がでて、大気汚染を緩和できると
信じていたので、プチプチを見るたびにプチプチやっていました。

母に、「プチプチの中の空気もきれいじゃないよ」と
言われた時はショックでした。

それからは、何をすることが本当に環境にいいのか、
どうすれば、効率よく環境問題を改善できるのか、
を模索しています。

共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/04(月) 03:06:45|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の晩ご飯を肉抜きにしたら。。。

ハンバーグ1個(牛肉100g)を食べないことで、節約できる資源

・ 水 2,000リットル (お風呂の湯船10杯分)
・ 森林 4.5㎡ (1.4坪) 
・ ガソリン 20.8リットル (プリウスで738km走行可能)
・ 穀類 1.6㎏ (4人分の食糧支援)
・ メタンガス 120g (メタンガスの温暖化効果は二酸化炭素の24倍)


お肉抜きの食事は、環境保護効果がとても高い、
ということが分かっていただけたでしょうか?


共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/02(土) 07:34:14|
  2. 肉食と環境(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ >>



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。