肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魚と家畜

全世界の海洋魚類収穫量の37%は飼料になっている。
遠洋漁業の捕獲量だけでみると54%以上が飼料になっている。
FAOSTAT 2002 より

海洋生態問題の主要な原因は漁業乱獲です。
要するに、魚を捕り過ぎているのです。

日本人が魚をたくさん食べているというのは、世界に知れ渡っていて、
環境問題に関心のある外国人からは、
日本人は、シーキラー(sea killer, 海を殺す民)と呼ばれています。

本当に日本人はシーキラーなのかどうか、統計を見てみると、
日本の魚類消費量は、中国に次いで2位でした。
国民一人当たりの消費は、日本が中国の2倍です。

日本の魚類消費量の内訳を見てみると、
遠洋漁猟消費の6割近くが飼料になっています。

海洋生態問題はどれくらい深刻なのでしょうか。

FAOによると、全世界の魚種資源の62%は、
緊急に管理されるべき問題に直面しています。

収穫される魚類の種類は、毎年、エコシステムの下方になってきています。
マグロやタラなどの大型の魚類は乱獲により数が減少し、
より小さな魚の捕獲に移行しているわけです。
Environmental Reivew July 1998 World Watch より

増え続ける人口の蛋白源として魚類は重要ですが、
海洋魚類収穫量の37%を家畜の飼料にしているのは、
非常に効率の悪い蛋白源利用ではないでしょうか。
スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/19(火) 05:01:56|
  2. 肉食と食糧問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お金は食べられない

「世界全人口を養うのに充分な量の食糧が生産されているが、
不公平な分配のために飢餓がある。」という指摘に対して、
「食糧の余剰ができても、飢えている国に輸入資金が無ければ分配されない」
というご指摘をいただきました。

しかし、資金があっても、輸入する食糧がなければ、食べることはできません。

これは、食糧難の国だけではなく、日本にも当てはまりそうです。

世界の穀物生産の半分の量は、米国、中国、インドに集中しています。
生産効率は毎年上がっていますが、天候の変化などにより、
収穫量は毎年不安定です。穀物の供給を特定の国に集中するのは
将来起こりうる食糧難の点から好ましくありません。

日本は言わずと知れた食糧輸入過剰国です。
わが国にはお金はたくさんありますが、食糧自体がなければ、食糧難に陥ります。
アフリカで農作物を自給自足できるように援助することは大切です。
日本は自国の自給自足を促進することも忘れてはなりません。

穀物生産量が過剰というのは、直接に人間のみに供給された場合の計算で、
実際は、穀物生産量の3分の1は家畜の飼料に当てられています。
この現状は、将来起こりうる食糧難の原因として、数年前から
WorldwatchでもUNFAOでも指摘されています。

また、家畜生産は、森林破壊、砂漠化、土壌浸食、水質汚染、水不足問題に
直接影響しています。これらは更なる食糧危機を招きます。

肉食が増加の一方をたどる日本の食生活は、
もう一度、見直されるべきではないでしょうか。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/16(土) 06:41:43|
  2. 肉食と食糧問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

免罪符で終わらせないで: ほっとけない世界のまずしさキャンペーン

ほっとけない世界のまずしさキャンペーン
という、世界同時キャンペーンが始まりました。

日本や世界の多くの有名人が、プラスティックの白いリストバンドをつけて広告に参加しています。(ブラピが日本とアメリカのサイトのホームページに起用されていますよね。Mr. & Mrs Smithの共演から始まった、人道支援活動を活発に行っているアンジェリーナ・ジョリーとの不倫で、彼のモラルも上昇した、とアメリカではコメディのネタになっていました。下世話な話題ですみません。)

主旨や活動内容はこちらから確認して下さい。
日本: http://hottokenai.jp/
アメリカ: http://www.one.org/

キャンペーンのシンボルマークの白いリストバンドをつける、キャンペーンビデオを観る、イベントに参加する、ことを通じて、社会的関心の上昇を図っています。
しかし、そこから実際に私達が実行しなければならない、生活習慣の改め方が伝えられていません。(例えば、肉食の量を減らすとか!とても効果的な食糧難改善方法ですよ。)

先進国の消費社会を支える為に貧困国は貧困国でありつづけるのですから、
私達が消費社会の生活習慣を改める行動に移さなければなりません。
キャンペーンのシンボルマークの白いリストバンドをつけただけで、
罪滅ぼしをした気分になっては困ります。


白いリストバンドが免罪符になっていませんか?

日本は世界一の食糧輸入国でありながら、
輸入した食糧の3分の1は廃棄しているんです。

日本でごみとして捨てられる食糧廃棄量は年間約2000万トン、
途上国の食糧では、1億人が食べていける量です。

また、日本の穀物輸入量の6割は、
人間の食糧ではなく、家畜の飼料にまわされています。


バンドを買って意思表示するのもひとつですが、
ぜひ、みなさんの食生活にも、
「無駄をなくす」「肉食を減らす」
意思表示を反映させてください。


私自身は、プラスティックの消費はできるだけしない主義なのと、
アクセサリーもしない主義なので、ホワイトバンドはつけません。

環境破壊、貧しい人たちの労働と健康の搾取に反対する立場から、
貴金属・宝石の採鉱にも反対しているので、いままでいろんなひとから
プレゼントされた金、銀、プラチナ、ダイアモンドのアクセサリーも
身に付けません。それが私の意思表示です。
(もちろん肉食を減らすことも!)
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/09(土) 18:02:39|
  2. 肉食と食糧問題
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

世界の穀物生産量は、全人口を養うのに充分ある。

世界の穀物生産量は、全人口を養うのに充分あるのに、
分配が不公平に行われている。
だから、毎日4万人の子供が飢え死にする。

世界の穀物生産量の3割以上は、家畜の生産にまわされ、
牛肉などになり、金持ちの私達がそれを食べるわけです。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/08(金) 17:02:01|
  2. 肉食と食糧問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畜産と土地問題

先日、読者の方から質問のあった、畜産と土地問題についてお話します。

・肉食する人1人を養うのに必要な土地で、ベジタリアンは20人養える。
Nature's First Law (http://www.selfempowermentacademy.com.au/pdf/L1_M.A.P.S/f_Enviro/6-vb.PDF) より

全世界で畜産に使われている土地は、全世界の農作地の69%です。
FAOSTAT (http://faostat.fao.org) より

飢死する子供の数は、毎日4万人です。


中米では、1960年から現在にかけて
熱帯雨林の25%が家畜の放牧のために切り倒された、
ということは前回に書きました。
そして、
1970年代には、中米の農耕地の3分の2が、
家畜の飼育に使われるようになりました。
中米の農村の半分以上の住民は、自分たちの糧を作るのに
必要な土地を持たない、または不足しています。
中米で育てられた家畜の殆どは北米に輸出されています。
中米の一人当たりの肉の消費量は、
アメリカの猫が食べる肉の量より少ないのです。
All About Animals (http://www.allaboutanimals.org.uk/ST-Stage4-Geography3.asp) より

爆発的に増加を続ける人口が食べていく為には、
食物生産する土地や資源の使われ方を、
見直さなければならない状況にあるようです。
要するに、肉食をする食生活を支える土地の利用の仕方のままでは、
地球上の人口は養っていけない、ということです。

世界的食糧難の見通しについては、
FAO、Worldwatchなどから警鐘が発せられています。
http://www.fao.org/documents/show_cdr.asp?url_file=/docrep/004/y3557e/y3557e00.htm
http://www.worldwatch.org/pubs/vs/2003/
世界的食糧難の原因として、肉食が挙げられています。


また、家畜の生産とはすなわち、土地を汚染・荒廃させ、自然環境を破壊させる行為のようです。
その主な理由のひとつが、家畜から出される大量の糞尿による土壌・水質・大気汚染です。
このことについては、また後ほど記事を書きます。


共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/05(火) 17:00:35|
  2. 肉食と食糧問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ >>



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。