肉食再考委員会

肉食を減らせば、どのくらい地球の環境改善に貢献できるのだろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

肉食が水の枯渇に拍車をかけている

世界の穀物生産の46%は、米国、インド、中国の3カ国から生産されています。
Worldwatch Institute - Vital Signs 2003 http://www.worldwatch.org/pubs/vs/2003/ より

この3カ国とも、乾燥地帯に地下水を引くという穀物の生産方法をとっています。

この地下水が枯渇する事態が、NHKスペシャル「ウォータークライシス」で取り上げられていました。

米国の穀倉地帯で利用さている地下水は、あと25年で枯渇すると計算されています。

しかし、近年にトウモロコシの生産が増加しており、それが地下水の枯渇に拍車をかけています。

トウモロコシの生産には、小麦の生産よりも3倍の水が必要だからです。

家畜の飼料に使われるトウモロコシは、小麦の3倍の値で売られます。地下水の利用は基本的にタダなので、生産者はより多くのトウモロコシを生産しようとし、それが地下水の枯渇を速めているのです。


米国で生産されるトウモロコシの80%は、家畜の飼料に使われています。
http://www.earthsave.org/environment.htm より

米国の穀倉地帯の地下水の枯渇は、世界の食糧供給に大きな影響を及ぼします。

ちなみに、世界のトウモロコシの生産量は年間約60億トン。(人口一人当たり100kg!)そのうちの40億トンは家畜の飼料になっています。
http://www.kenyo.net/yumanite/kiki.htm より
また、世界のトウモロコシの生産量の40%は米国による生産。日本のトウモロコシ需要の9割は米国からの輸入。日本国内で消費されるトウモロコシの75%は家畜の飼料として使われる。
WikiPedia より

穀物生産による地下水の枯渇は世界中で起きています。なぜなら、地下水が何千年もかけて蓄積されるのに対して、人間が地下水を利用する速度が非常に速いからです。この状況は、石油の場合と同じです。

水も石油のように、限りある資源なんですね。

石油をめぐる紛争が注目されていますが、「水をめぐる紛争」も実際に起きており、拡大が懸念されています。

スポンサーサイト
共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/08/28(日) 04:26:01|
  2. 肉食と水資源
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

牛肉は大きな水の無駄遣い

牛肉100g(ハンバーグ1個分)を生産するのに必要な水の量は
2,000リットル[1]

水2,000リットルとは、湯船10杯分、
東京都の4人家族世帯の平均水道使用量の2.2日分[2]です。

お風呂や歯磨きの時、節水を心がけていますが、
牛肉100g食べないだけで、4人家族世帯の2日以上分の節水ができてしまうなんて、
驚きの数字です。

ちなみに、米国全体で消費される水の半分は、家畜の生産に使われています。[3]

他の食物との比較をみてみましょう。
100g生産するのに必要な水の量:
トマト 19リットル
ジャガイモ 20リットル
小麦 21リットル
にんじん 27.4リットル
りんご 40リットル[4]



[1][3] [4]EarthSave http://www.earthsave.org/environment.htm
[2] 東京都水道局 http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/life/g_jouzu.htm


共感してもらえたら、クリックお願いします。
  1. 2005/07/04(月) 02:50:32|
  2. 肉食と水資源
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



塩野道可
ボリビアのウユニ塩湖にて

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。